「WORKING!!」BD-CM、再撮影(HDマスタリング)の画質


 8月24日発売「WORKING!!」Blu-ray BOXのテレビCMが始まり、再撮影(再コンポジット)によるHDマスタリング画質の片鱗を垣間見ることが出来ました。そこで早速、TV本放送時(SDマスタ)とBlu-ray CM(HDマスタ)の同一シーンを比較しながら、どの程度画質が改善されたのか確認してみましょう。一度、地デジのMPEG-2でエンコードされ、画質が劣化している事から鵜呑みにはできないものの、ある程度の違いは確認できるかと思います。

HDに相応しい解像度と、さり気なく立体感を増した映像

 以下の上段がSDマスタの画、下段が同一シーンのBlu-ray CM(HDマスタ)の画です。できる限り素の状態で画質チェックできるよう、アスペクト比補正は意図的に行っておりません(各画像をクリックすると等倍表示)。なお、ともに地デジ(MPEG-2)ベースの映像であるため、SDサンプルはDVD版よりも、HDサンプルはBD版よりも多少画質が劣っているであろう点を考慮してご覧下さい。

  • SDマスタ(TV放送)



  • 再撮影によるHDマスタ(BD-CM)



  •  解像度は観るからに一目瞭然の違いです。補足しておくと、TV本放送時のSD映像はフィールドスケーリングしていたカットがあったため、SDといえど映像品質はお世辞にも良いものでありませんでした(DVDはそれ相応のSD解像度)。しかし、それをある程度加味してもSDとHDマスタの差は見て取れ、主線のキレや背景ディテールの違いからも、再撮影によるHD化の威力は確認できます。

    もう少しコンパクトなサイズで違いを見たい方は、以下のトリミング画像をどうぞ。



    ↑主線の解像度が異なるだけでなく、ぽぷらの靴(ミュール?)や道路のラインがHDはハッキリ見える。また、背景の草木もディテールが向上している。
     


    ↑伊波の表情がハッキリ見えるだけでなく、カメラの焦点ボケエフェクト(背景のモニタや貼り紙)もブラーがしっかり掛かったままであるため、伊波と背景の距離感・立体感(被写体の深度表現)が向上している。アプコンでは難しいクオリティ。

     これらを見ると、作品としてハイコントラストな主線・彩色ではないため、パッと見のインパクトに若干欠ける点は否めませんが、HDとSD(アプコン)では埋めきれない画質差がある点も充分再認識させられる映像だと個人的に感じました。やや優しいソフトな画質だけれど、解像度は確実に向上しています(個々が感じる程度の差はあると思いますが)。

    この映像を観るにあたり個人的に評価しなかった部分(地デジに起因するであろう部分):
    モスキートノイズ
    ブロック歪み
    階調表現
    横方向のスケーリングによる解像度の違いや色にじみ

  • リンク
  • 「WORKING!!」公式サイト
     →第一期再放送決定
    「WORKING!!」Blu-ray BOX(Amazon 27%OFF:24,638円) アフィリンクではありません

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    63 ÷ 21 =