BT.709にも対応したPS Vitaシステムソフトウェアv1.80

BT.709対応、レベル制限解除、物理キー操作対応などビデオ周りだけでも大幅に機能強化

 昨日リリースされたPS Vitaシステムソフトウェアv1.80にて、AVC(H.264)動画がBT.709対応になりました(昨日お昼の呟き)。要は VUI を見てくれるようになったため、BT.601、BT.709 いずれにおても指定されたカラーマトリクスによる色空間変換を実行してくれます。



↑BT.601カラーマトリクスによるYUV変換・エンコード(smpte170m指定)した映像。これはv1.69までと同様、正常に表示される。


↑BT.709カラーマトリクスによるYUV変換・エンコードした映像(bt709指定)。システムソフトウェアv1.69まではBT.601固定だったため正しく色空間変換できず、このチェック映像の例では緑が飽和して「PS Vita」の文字が見えなくなっていた。しかし、v1.80ではこのとおり正常に表示される。

また、ProfileレベルもHigh@3.1縛りが解除され、完全にレベル制限が無くなりました(最大レベルであるHigh@5.2を意図的に指定しても大丈夫)。しかし、実質的なデコード能力はLevel 4.x程度であるため、最大ビットレートや参照フレーム数の指定には注意が必要です(下記の表を参照)。

前バージョンまでの詳細(仕様や問題点等)はこちらの過去記事でご覧いただけます。

  • システムソフトウェアv1.69までとv1.80のAVC(H.264)デコード仕様比較
  •  
    Version1.69まで
    Version1.8
    Level
    3.1
    制限無し(5.2でも可だがソニーの発表上では4.0)
    High Profile
    対応
    High10 Profile
    非対応
    解像度
    1280x720(最大)
    ←(現在はフルHDも可)
    DPBマクロブロック数
    39,600以上(18,000)*2
    最大フレームレート
    60fps(30fps)*2
    60fps
    可変フレームレート(VFR)
    対応
    参照フレーム数(*1)
    1280x720で11(5)*1
    960x540以下で16(8)*1
    Bフレーム連続数
    16
    最大ビットレート(映像)
    約40Mbps(17.5Mbps)*1
    約62.5Mbps
    最大ビットレート(音声)
    AAC 256kbps
    AAC 256kbps(*3)または512kbps以上(*4)
    ピラミッド参照化
    対応
    OpenGOP
    対応
    フルレンジ判定
    非対応
    デインタレース再生
    対応
    カラーマトリクス
    BT.601(固定)
    BT.601およびBT.709両対応

    *1 参照フレーム数 = 最大DPBマクロブロック数/(横マクロブロック数*縦マクロブロック数) #1マクロブロックサイズは16x16
    *2 括弧内は Level3.1本来のリミット値
    *3 MP4Boxを使用した場合の上限
    *4 L-SMASH muxer/remuxer(x264_L-SMASH含む)を使用した場合に限り音声256kbps以上のVita対応動画を作成可能

  • x264での指定例
  • x264 --level 4.1 --crf xx --vbv-maxrate 17500 --vbv-bufsize 17500 --colormatrix bt.709 -o "out_video.mp4" "in_video"

    今後は、現在主流であるBT.709をVitaでも扱えるようになり、今どきの映像コンテンツとの相性が格段に良くなります。昔の映像(BT.601、smpte170mベースでマスタリングされた映像)はBT.601指定、近年の映像はBT.709をエンコード時に指定するだけで正しい色が再現されるようになりました。映像やゲーム内動画を製作される方も、BT.709変換によるBT.709指定でクリエイターが意図した色を視聴者・ゲーマーに届けることができます。

    また、早戻し/早送り・リピート・可変速再生への対応、十字キー・アナログスティック・○△□×ボタンでの操作も可能となり、キーに慣れた人であれば快適にコントロールできるよう改良されました。映像を観るとき、パネルに指紋が付かず喜ばれそうです。

    v1.80で導入されたVitaのキー操作

  • 十字キー and 左スティック
  •  項目の移動(全般)
     上・下でシーンサーチ間隔の変更(プレイヤのシーンサーチ)

  • ○ボタン
  •  決定(全般)
     一時停止⇔再生(プレイヤ)

  • △ボタン
  •  コピー・削除へのショートカット(ファイルリスト)
     操作メニュー・ウインドウのON/OFF(プレイヤ)

  • □ボタン
  •  ファイルリストを名前⇔日付でソート(ファイルリスト)
     シーンサーチのON/OFF(プレイヤ)

  • ×ボタン
  •  キャンセル/前の項目へ戻る(全般)
     動画再生の中断(プレイヤ)
     アプリケーションのタスクを閉じる(×ボタン長押し)

    今回のアップデートにより、ようやくPS Vitaが本気を出し始めたかなという印象ですが、欲をいえば本体発売時点でこうあってほしかった……という思いも(とはいえ発売して1年も経っていないのですが)。あとは、ゲームを中心としたVita専用アプリケーションが今以上に潤ってくれることを祈るのみ。ミクさんも降臨間近ですしね。

    # 記事内の不明な点やご指摘はコメントにてどうぞ。

    リンク

    PlayStation®Vita | プレイステーション® オフィシャルサイト
    PlayStation®Vita システムソフトウェア アップデート
    PlayStation®Vita 我が青春・ダウンロード 600タイトル以上!
    PS Vita の AVC(H.264)デコード能力と仕様(v1.50) 過去記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    × 9 = 36