新Nexus7(2013)で発生するタップの不具合とは(動画あり)


 Nexus7の第2世代目となる2013年モデル(以下、新Nexus7)が日本でも先日発売され、ほぼ満足いく仕様であることから私も真っ先に購入しました。スペックのうんちくが本題ではないためここでは割愛しますが、実機を購入して触れた方々の間で無視できない声になりつつあるのが「タップ時の挙動」です。


 そもそも、新Nexus7にはマルチタッチ時の挙動に不具合があり、それらを解消した Build Version「JSS15Q」が日本での発売前にリリースされました。それにより、国内購入組は不具合の影響を受けずに済みそうだ……と胸を撫で下ろした矢先、初期とは異なるタッチ操作の不具合を挙げる声が最近目立ちはじめています。

 かういう私も『ラブライブ スクールアイドルフェスティバル』を新Nexus7でプレイした際、タップしている筈なのに譜面が指の下を抜けていく現象に遭遇し、腑に落ちない挙動を示すため、カメラで動画撮影して「単なる自分のミスなのかタップ周りの不具合なのか」を確認することにしました(なお、保護フィルムは使用せず、USB接続で給電しながらのプレイ)。

ごく稀にタップ処理が誤作動する瞬間

で、以下がタップしても反応しない決定的瞬間の動画です。
タップ時の挙動を視覚化するため、開発者向けオプションの「タップを表示」と「ポインタの位置」を有効化してあります。

  • 【動画】新Nexus7(2013)のタップ不具合の瞬間 ~スクフェス編~(音量注意)
  • ローカルで再生したい方 → ダウンロード

    このゲームは半円状に配置された9人のアイコンに向かって、中央からリズムアイコン(譜面、ノート)が飛んできて、キャラアイコンとリズムアイコンが重なるタイミングでタップしていくリズムゲーム(ライトな音ゲー)なのですが、動画を見てのとおり 185 combo の次から2連続でタップ無反応によるすり抜けが発生しています(実際は位置・タイミングともに完璧なタップをしている)。



    ↑この挙動をよ~く見ると、185combo のポイント(右側の上から2番目)でタップ後に指を離しても x,y ラインとその交点(タップ中のポイント)が残ったままになっており、「パネルにタッチしたまま離していない」という誤作動を起こしています(画像クリックで大きな画像)。



    ↑次に、その下にある赤リボンが可愛いツインテキャラ「にこ」アイコンをタップで無反応。185comboポイントのタップ中を示すラインと交点は依然として誤作動中。



    ↑続いて、ピュア(緑)属性のことりアイコンもタップ無反応でリズムアイコンは再度すり抜けますが、ここで面白い挙動が確認できました。「185comboの絵里アイコンからことりアイコンにかけてタッチしたまま真っ直ぐドラッグした」というビックリ判定が現れています。にこアイコンを跨いだ斜め線の軌跡がそれ。

    たぶん、絵里アイコンで誤検出したタップ中のデータが、ことりアイコンのタップあたりで処理を再開して繋がり「それら2点のポイント間を離さずに瞬間移動→スワイプ」と誤爆したのでしょう。

    いずれにせよ、185combo直後に何らかの理由によりタップ処理が0.5秒前後止まっているのが原因のようですが、発生頻度は数プレイ遭遇しないこともあれば、1プレイで2~3度くらい反応しないケースなどさまざま。

     ブラウズやSNS系の操作では少々わかりにくいものの、シビアかつ頻繁なタッチ操作を求められるゲーム等で気づきやすい(操作頻度からして遭遇確率も上がる)傾向があるため、新Nexus7でゲームプレイも……と考えている方は今後のアップデート情報を逐一把握しておく必要がありそうです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    98 − 97 =