AviUtlプラグイン「ResizeFilter」と「NL-Means Light」に早くもAVX対応版が登場

 スキマ産業さんが、「ResizeFilter」と「NL-Means Light」プラグインフィルタのAVX対応版(Ver.101227)を昨日リリースしました。Intelのエミュレータ「Intel Software Development Emulator」にて動作チェックはしているものの、実機での動作チェックはまだ(発売前ですので仕方ありません)という注意点を述べたうえで公開されています。


 AVX対応版ResizeFilter(AVX対応DLL導入)についてスキマ産業さんは、「AVX命令による効果はあまり期待できないと思う」という旨のコメントを書かれている一方、実機環境にて有意義な効果が確認できれば、SSE2整数コードをAVXへ移植する意味がありそう……とも述べています。

 ResizeFilter は、メジャーなアルゴリズムを選択できるリサイズ処理専用プラグインとして登場し、いち早いマルチスレッド化を含め、AviUtlでのリサイズ処理になくてはならないフィルタとして約2年前の2008年12月20日にVer 1.1が登場しました。私が今年8月に行ったリサイズ系プラグインフィルタのベンチマークにおいても優秀なテスト結果を残し、この度のAVX対応で「高速化へのアプローチ」は今なお健在でることを示したといえそうです。

リンク
スキマ産業
スキマ産業(ResizeFilter更新(Ver.101227))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

70 ÷ 14 =