L-SMASH Works のページでも触れていますが、編集プロジェクトファイル(拡張子aup)に AviUtl を関連付けて起動すると、L-SMASH Works の設定ファイルが読み込めなくなる問題は、設定が反映されないことによる音ズレ諸々の不具合を招くことからパッチが必須と判断し、次回更新時に mod2 として組み込む予定です。

  • lsmash.ini が読み込めない場合のみ、正しい作業フォルダのパスをセットしてリトライさせるパッチ
    set_current_directory.diff
  •  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

+ 82 = 85

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください