L-SMASH Works とは
 muken氏が L-SMASH Works 開発の一環として実装を進めている OSS であり、MP4/MOV/QT/3gp/3g2/F4V/M4A 等の L-SMASH 対応コンテナに格納された映像・音声データおよび libav / ffmpeg ライブラリ対応のコンテナフォーマットを AviSynth / AviUtl / VapourSynth で読み込むためのプラグインで構成されています。

コーデックのデコードは ffmpeg や Libav が受け持ちます(当プラグインは ffmpeg を使用)。

内容によっては開発者に確認・報告し、開発の手助けとなるようフィードバックに努めます。

r940 release1 更新内容
  • ffmpeg ライブラリを 4.0.2 から 4.2.2 へ更新
  • AV1 コーデックのデコーディングをサポート
  • libvpx による VP8・VP9 デコーディングの追加(vp8 と libvpx_vp8、vp9 と libvpx_vp9 が指定できます)
  • r940 mod1 更新内容
  • ffmpeg ライブラリを 4.3.1 へ更新
      これに伴い Motion JPEG と VP9 を QSV でデコード可
      Preferred decoders で mjpeg_qsv , vp9_qsv 指定
  • リサンプリングライブラリを avresample から swresample へ変更するためパッチを適用
  • AV1 コーデックのデコードライブラリを dav1d へ変更しパフォーマンス向上
  • デコードに問題のあった一部 MPEG-2 映像及び TS コンテナを正常に展開できるようパッチ適用
  • Quick Sync Video(QSV) デコーダが正常動作していなかった点の修正
  • 関連するエントリー: 「mod 版でやりたいと思っていること」

    ダウンロード
    転送量超過を防ぐため日本国内のみのアクセスに限定しています。
    転送量のデータ収集につき限定的に制限を解除しています。

    当サイトのほか、 Avisynth wiki の LSMASHSource ページ等もご検討ください。
    Avisynth wiki - LSMASHSource http://avisynth.nl/index.php/LSMASHSource

    音ズレなど設定が反映されない問題の対策は こちら

    ハッシュ値
    L-SMASH Works および ソースコードのハッシュ値(SHA-256)を以下に示します。ダウンロードしたファイルを解凍する前にハッシュ値を参照することで、ダウンロードミスやファイル改ざん等がないか確認するひとつの手段としてご活用下さい。

    r940 release1

    • L-SMASH_Works_r940_plugins.zip (27,668,751 バイト)
    • SHA-256 : 2e38c6107ac27729077be0f2f1938b7542e0f01478c76599ad47d8e8c0a35739
       
    • L-SMASH_Works_r940_sourcecodes.tar.bz2 (11,016,672 バイト)
    • SHA-256 : 15f58b4536528a34fe985faa6701f42b445d261c2a8c4b9c95b58a48f2efdbdf


    r940 mod1

    • L-SMASH_Works_r940m1_plugins.zip (20,038,797 バイト)
    • SHA-256 : 4d44606764bec31f2f888298f48f7be3cc83ae4158e28b891d8f970eb55dbe06
       
    • L-SMASH_Works_r940m1_patches.tar.bz2 (8,865 バイト)
    • SHA-256 : d0d103ef4b99d1df576db24e5ca2c0e8aeb161dd36d46c244207c90b73af50e5

    設定どおりに動作しない問題と回避法
  • 音ズレなどの問題が起きる起動方法
  • 編集プロジェクトファイル(拡張子 .aup)に AviUtl の実行ファイル(aviutl.exe)を関連付け、 aup ファイルから AviUtl を起動した場合に限り、L-SMASH Works の設定ファイルが反映されない問題があります。

    例えば、VFR 動画編集の音ズレ回避のために VFR->CFR 変換を指定したつもりが、上記の起動方法に限り設定ファイルが読み込まれず、VFR->CFR 変換が無効(初期値)状態で音ズレが出てしまうなどの現象が起こります。他にも、音声のサンプリング周波数や Preferred decoders の指定など、すべてが初期値をロードするため設定値が反映されません。

  • 正常に動作する起動方法
  • 回避策として確実なのは、aup ファイルから起動せずに AviUtl を起動させてから aup ファイルを読み込む、または AviUtl のウィンドウに aup ファイルをドラッグ&ドロップすることです。これらの aup ファイルの読み込みについては、L-SMASH Works の設定が正常に適用されるため問題は発生しません。

    どうしても aup ファイルから起動したい場合は、以下のようなバッチファイルを作成して、aup ファイルにバッチファイルを関連付けて起動させる方法もあります。これは、start コマンド /D スイッチで aviutl.exe のあるフォルダをカレントフォルダとしてセットし、L-SMASH Works の設定ファイル lsmash.ini を正常にロードさせるためのものです。
  • aviutl_start.bat の例
  • C:\App\AviUtl\110\ = aviutl.exe があるフォルダのフルパス

    --------------------------------------------------------------------------
    set "AviUtlPath=C:\App\AviUtl\110\"
    start "" /D "%AviUtlPath%" "%AviUtlPath%aviutl.exe" "%~1"
    --------------------------------------------------------------------------

    この問題を発見した f11894 さんのツイート : https://twitter.com/f11894/status/1237763732429656064

    ビルド・動作確認環境
    MSYS2
    MinGW-w64 v7.0.0
    GCC 10.2.0
    binutils 2.35
    Visual Studio 2019

    CPU : Core i9-9900K
    GPU : AMD RADEON RX590
    Main Memory : 64GB
    Windows10 Pro 64bit
    AviSynth+ 3.6.1
    AviUtl version1.10

    * 導入は Readme.txt をご一読ください
    * Windows10 以外での動作は未確認です

    r940 release1 で確認されている問題
  • webm コンテナに格納された一部の VP8/Vorbis codec 動画が正常なフレームレートで展開できない
  • divx コンテナに格納された一部の Xvid/mp3 codec 動画をシークすると音声同期がずれる
  • Quick Sync Video デコードにおける不具合(ビルド環境の問題)
  • divx コンテナの読み込みで異常がありました場合、お手数ですが AVI File Reader (AviSynth は AVISource) で読み込んでみてください。ただし、動画エンコード時に使用したビデオコーデック(デコーダ)を別途インストールする必要があります。

    Quick Sync Video の不具合は次回公開のバイナリで修正予定です(r940 mod1 で修正)。

    リンク
    L-SMASH Works GitHub
    FFmpeg 公式

     

    1件のコメント

    1. すいません。win7でaviutlでいろいろやファイルを読むために、L-smSh workをインストールしたいのてすが、どのファイルがwin7でうごくものになりますか?

      e
    2. ソースコードの方をダウンロードしてない?
      もしくはダウンロードか、解凍に失敗してる可能性があるかと
      今、確認した所、中身はしっかりありました

      通りすがり
    3. こんばんは
      Aviutlで30fps動画を読み込んで指定フレームの切り出しを行ったあと、
      エクスポート→Works Muxerと実行すると何故か30フレームほどずれます。
      30fpsと60fpsの読み込み違いが起こっているような気がするのですが、
      私の知識では切り分けできないため、ここに書き込みさせて頂きました。
      設定で見るべき箇所などありましたら、教えて頂けると助かります。

      earis
    4. 12.9gの14時間ほどのmp4を編集しようとするとlibay+l-smashのチェックを外さないと読み込めないんですが外して読み込んでも音がズレたり最後の方がなくなってたりします。
      キャッシュサイズを変更したりしているのですが改善されません、どうやったら正常に読み込むでしょうか

      やまだ
    5. 私もLhaplusを使用して解凍すると、

      AviSynth\LSMASHSource.dll – 正常に解凍できません。CRC が一致しないか、出力先ファイルが使用中です。
      AviSynth\x64\LSMASHSource.dll – 正常に解凍できません。CRC が一致しないか、出力先ファイルが使用中です。

      というエラーが表示され、解凍したファイルを用いてプラグインをaviutlで利用しようとするとエラーが発生しました。

      7-zipで回答したところ本件問題はでないようです。

      ハム
    6. 4K 動画編集にはとても使い物にならないな…

      lwinput Failed to flush buffers by a reliable way.It is recommended you reopen the file.
      頻繁に↑が出る…なんだコレ…(‘A`)

      なす

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    5 × 9 =

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください