AviUtl「Quick Sync Video」出力プラグインが公開される

 昨日5月2日、ニコニコ動画にて Quick Sync Video(IntelのSandyBridge世代から実装されたハードウェア・トランスコーダ)を使用したQSV Pluginが公開されました。AviUtlの作者であるKENくん氏の呟きより得た情報です。

 このプラグインは、Intel SandyBridge世代以降のプロセッサと、P67以外のチップセット(映像出力をサポートしているH67、Z68)との組み合わせにより、H.264のハードウェアエンコード・音声とのmuxをしてMP4コンテナとして出力します。

以下がニコニコ動画で公開された映像です。デモでは、1280x720 / 1092フレームの映像を約18秒で出力しています(速度は約60fps)。フィルタの有無、設定などは不明。速度的には入力ソース(WMV)のデコードで頭打ちになっている可能性があり、当方で速度テストをしてみたいものの、P67チップセットユーザーであるため不可です。

  • AviUtlの出力プラグイン(QuickSyncVideo使用)を作ってみた
  •  設定を見る限り、プロファイルLevelや出力映像レートといった簡単な設定のみであり、お手軽エンコーダといった趣旨はQSVらしいといえます。同ビットレートのx264には敵わないまでも(高ビットレートでは差が埋まると思いますが)、従来のハードウェアエンコーダ(トランスコーダ)よりも若干良い出力画質だという評判もあり、短時間で手軽に出力したい人には注目を浴びそうです。

    プラグイン本体は、下記ニコニコ動画リンク先の動画説明文に記載されています。

    音声のエンコードは、NeroAAC。mp4コンテナのmuxはMP4Boxを外部バイナリとして使用する模様。

  • リンク
  • AviUtlの出力プラグイン(QuickSyncVideo使用)を作ってみた(ニコニコ動画)
    インテル® クイック・シンク・ビデオ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    + 5 = 6

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください