AviUtl プラグイン「Libav-SMASH FileReader」と「Libav-L-SMASH Exporter」をそれぞれ更新しました。

lsmash_input(Libav-SMASH FileReader)の主な変更点
・16bit深度のYUV4:4:4ピクセルフォーマット YUV16le から YC48 への変換に rigaya氏のSIMDコード導入
・VFR相当の映像を読み込んだ場合、AviUtl 上では平均レートとして表示

lsmash_export(Libav-L-SMASH Exporter)の主な変更点
・異なるタイムスケールの映像を結合して出力する際、それぞれの最小公倍数を設定してタイミングを保持する

ダウンロード
  • AviUtl プラグイン Libav-SMASH File Reader(r29) / Libav-SMASH Exporter(r15) セット
  • source code
  • リンク
  • AviUtlのお部屋
    VFR-maniac/lsmashinput - GitHub
    VFR-maniac/lsmashexport - GitHub
    l-smash - A simple tool for mp4. - Google Project Hosting
    Get ffmpeg

    1件のコメント

    1. 更新何時もありがとうございます。最新版の「Libav-SMASH FileReader r29」を使用してます。不明な症状が発生したので報告します。
      1280*720_25fpsmp4動画(http://www.nicovideo.jp/watch/sm15598673)を「Libav-SMASH File Reader」で読み込むと勝手に24fpsで認識されてしまう。「MP4 File Reader」だと25fpsで読み込む。再生速度の変更で対応しましたが・・・当然フレームレート変更等は行ってません。*Winビスタ32bit AviUtl0.99j2を使用してます。

      名無し
    2. 丸め誤差ですね…
      ほぼ24.999999999999996のあと、整数型のframerate numeratorに代入しているので24になっちゃってます。
      四捨五入した方がいいですかね。
      ていうかとりあえずそうします。
      計算に浮動小数点数を計算に使っている限り、こういった誤差はつきものなので…

      muken
    3. ピンバック: POP@4bit » Blog Archive » AviUtl プラグイン「L-SMASH Works」r91 更新

    コメントを残す

    Your email address will not be published.

    28 + = 30

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください