L-SMASH Works とは
 muken氏が L-SMASH Works 開発の一環として実装を進めている OSS であり、MP4/MOV/QT/3gp/3g2/F4V/M4A 等の L-SMASH 対応コンテナに格納された映像・音声データおよび libav / ffmpeg ライブラリ対応のコンテナフォーマットを AviSynth / AviUtl / VapourSynth で読み込むためのプラグインで構成されています。

コーデックのデコードは ffmpeg や Libav が受け持ちます(当プラグインは ffmpeg を使用)。

内容によっては開発者に確認・報告し、開発の手助けとなるようフィードバックに努めます。

r940 release1 更新内容
  • ffmpeg ライブラリを 4.0.2 から 4.2.2 へ更新
  • AV1 コーデックのデコーディングをサポート
  • libvpx による VP8・VP9 デコーディングの追加(vp8 と libvpx_vp8、vp9 と libvpx_vp9 が指定できます)
  • r940 mod1 更新内容
  • ffmpeg ライブラリを 4.3.1 へ更新
      これに伴い Motion JPEG と VP9 を QSV でデコード可
      Preferred decoders で mjpeg_qsv , vp9_qsv 指定
  • リサンプリングライブラリを avresample から swresample へ変更するためパッチを適用
  • AV1 コーデックのデコードライブラリを dav1d へ変更しパフォーマンス向上
  • デコードに問題のあった一部 MPEG-2 映像及び TS コンテナを正常に展開できるようパッチ適用
  • Quick Sync Video(QSV) デコーダが正常動作していなかった点の修正
  • 関連するエントリー: 「mod 版でやりたいと思っていること」

    ダウンロード
    転送量超過を防ぐため日本国内のみのアクセスに限定しています。

    当サイトのほか、 Avisynth wiki の LSMASHSource ページ等もご検討ください。
    Avisynth wiki - LSMASHSource http://avisynth.nl/index.php/LSMASHSource

    ハッシュ値
    L-SMASH Works および ソースコードのハッシュ値(SHA-256)を以下に示します。ダウンロードしたファイルを解凍する前にハッシュ値を参照することで、ダウンロードミスやファイル改ざん等がないか確認するひとつの手段としてご活用下さい。

    r940 release1

    • L-SMASH_Works_r940_plugins.zip (27,668,751 バイト)
    • SHA-256 : 2e38c6107ac27729077be0f2f1938b7542e0f01478c76599ad47d8e8c0a35739
       
    • L-SMASH_Works_r940_sourcecodes.tar.bz2 (11,016,672 バイト)
    • SHA-256 : 15f58b4536528a34fe985faa6701f42b445d261c2a8c4b9c95b58a48f2efdbdf


    r940 mod1

    • L-SMASH_Works_r940m1_plugins.zip (20,038,797 バイト)
    • SHA-256 : 4d44606764bec31f2f888298f48f7be3cc83ae4158e28b891d8f970eb55dbe06
       
    • L-SMASH_Works_r940m1_patches.tar.bz2 (8,865 バイト)
    • SHA-256 : d0d103ef4b99d1df576db24e5ca2c0e8aeb161dd36d46c244207c90b73af50e5

    ビルド・動作確認環境
    MSYS2
    MinGW-w64 v7.0.0
    GCC 10.2.0
    binutils 2.35
    Visual Studio 2019

    CPU : Core i9-9900K
    GPU : AMD RADEON RX590
    Main Memory : 64GB
    Windows10 Pro 64bit
    AviSynth+ 3.6.1
    AviUtl version1.10

    * 導入は Readme.txt をご一読ください
    * Windows10 以外での動作は未確認です

    r940 release1 で確認されている問題
  • webm コンテナに格納された一部の VP8/Vorbis codec 動画が正常なフレームレートで展開できない
  • divx コンテナに格納された一部の Xvid/mp3 codec 動画をシークすると音声同期がずれる
  • Quick Sync Video デコードにおける不具合(ビルド環境の問題)
  • divx コンテナの読み込みで異常がありました場合、お手数ですが AVI File Reader (AviSynth は AVISource) で読み込んでみてください。ただし、動画エンコード時に使用したビデオコーデック(デコーダ)を別途インストールする必要があります。

    Quick Sync Video の不具合は次回公開のバイナリで修正予定です(r940 mod1 で修正)。

    リンク
    L-SMASH Works GitHub
    FFmpeg 公式

     

    1件のコメント

    1. AviUtlのせいなのかこれのせいなのかわからないんですけど、wmvファイルとの相性がかなり悪いです
      wmvファイルをエンコードすると高確率でファイルがおかしくなります

      うみ
    2. 解凍しようとすると解凍ウィザードが完了できません。と表示される

      ゆっくり編集ゴミ野郎
    3. aviutlに導入後、動作確認はできたが
      再度入力したところ失敗。
      優先度の設定にも現れなくなった

      とくめ
    4. ファイルを読み込もうとするとき何故か特定の動画ファイル(読み込もうとするファイルとは全く関係がない)がないと読み込めません。
      ファイルを作ればいいだけなのでそこまで問題はないですが
      ちょっとめんどくさいです

      えだまめ
    5. webmファイルを読み込み再生はできるのですが、画面に大きくノイズが走り、再生が重くなり、まともに再生できません。
      音声はちゃんと読み込まれています。最初の3秒くらいは問題なく再生できますがそれ以降はノイズが走ります。またseekmodeをaggressiveにしたところ再生が重くなるのは改善されましたが、ノイズの方はほとんど改善されませんでした。

      ふたへる
    6. 以前はMP4全て読めたのですが突然全く読めなくなりました。
      Microsoft フィードバックHUBにてクレームを出したところ突然回復したのですが
      また始まりました。もう相手にしてもらちがあきません。意図的な加工がある模様。
      他のインポートライブラリを暫定使用中。

      junkun
    7. 2019/8/18に公開された「version1.10テスト版」では
      L-Mash Works の設定で「VFR->CFR」にチェックが入っていると
      1フレームおきに緑色→通常になってしまうバグがあります。

      Naohiro19
    8. 既に報告されている症状と同様かどうかは分かりませんが
      フレームレートが正しく認識されない事がmp4でも起こったので一応

      win10 64bit
      OBS Studio23.2.1にて30fpsで録画した.mp4形式のファイルをそのままAviutlで読み込むと29.9fps前後(ファイルによってばらつきあり)で読み込まれます
      .ts形式で録画したものは30fpsで読み込まれますが、そのファイルをOBSで.mp4に再多重化させたものを読み込ませると前述のようなfpsの変化があります

      Aviutlの「再生速度の情報の変更」で30fpsに直してやれば音とのズレもなく扱えるので一応の対処は可能です

      すー
    9. aviutl win10 64bit
      youtube-dlで抜き取ったmkvファイルを読み込み、シークを移動させると画面がバラバラになる。
      2018年4月6日からL-SMASH Works更新したのですが最新のでは動画は読み込みますが、動画は見るに堪えないものになっていました。
      webm読み込みも相性が悪いようです。

      匿名
    10. WMVについて書き込みがあったので、調査してみました。
      LW-Libavにチェックされていると、確定でおかしくなります。
      具体的には数十分以上の大きなファイルのときに、エンコードされた
      mp4のラスト数分の音声が欠けます。おかしいファイルのAACだけ
      ストリップしてみると明らかに画像の長さに足りていません。

      多分バッファリングに不具合があるのではないかと思われます。
      最後のバッファサイズに満たないブロックが使用されず、フラッシュして
      いるためだと思います。

      Libav+LSMASHのみのチェックで使用する事をおすすめしますが、
      この場合でもAACへのエンコードと画像と音声のシンクがおかしくなる
      場合や、AACのエンコそのものがおかしくなる場合がありますので、
      エンコード後のチェックは必須でしょう。

      ミクロ菩薩
    11. 海外サーバーからのダウンロードを許可していただきたいのですがどうでしょうか?•L-SMASH Works r935 release2

      koji
    12. AviSynthのLWLibavAudioSourceの仕様が変わりましたか?
      同じTSファイル読み込みでもstream_indexの値を変えて違う音声トラックを指定すると
      インデックスファイルが新しく作成されてしまいます。
      前まではstream_indexを変えても同じTSファイル読み込みであれば
      インデックスファイルはそのまま使えました。

      tom
    13. 解凍するときに一部ファイルに「正常に解凍できません。CRCが一致しないか、出力先ファイルが使用中です」などのエラーメッセージが表示されます。

      雪見
    14. r940 release1なのですが圧縮アルゴリズムがDeflate64なので一部のアーカイバで正常に解凍出来なくなっていて局地的にトラブルが起きているようです
      Deflate64に対応した解凍ソフトを使うように注意書きを書くかDeflateで圧縮しなおしたほうがいいかもしれないです

      fg118942
    15. 先ほどインストールさせていただきましたが
      ソフトを起動すると「lwinput.aui」と「lwmuxer.auf」が
      windows上では実行できないとエラーが出てきます。

      雪見さんが指摘されている症状も依然継続中です。

      りゅうちゃん
    16. Lhaplusで開くと「正常に解凍できません。CRCが一致しないか、出力先ファイルが使用中です」が出るけどALZIPだと出ませんでした。

      よしお
    17. どうしても解決できなかったので報告を残します。
      過去コメにもあるのですが、「L-SMASH Works r940 release1」をクリックしてダウンロードした圧縮ファイルを解凍する時に、一部ファイルに「正常に解凍できません。CRC が一致しないか、出力先ファイルが使用中です。」というエラーが出て正常に解凍できません。
      最初はダウンロード時に破損したのかと思い、ダウンロードし直しや、ブラウザを変えてダウンロードなどしてみましたが、やはり同じエラーが出ます。(使用ブラウザ:Googlechrome、Microsoftedge)
      もしや元ファイルが圧縮時に破損しているのでは?とも考えましたが、こちらでは確認できないので手詰まりです。(もっと他にやり方があるのかもしれませんが、知識がそこまでないため分かりませんでした)
      一応解凍時にエラーがでた部分のエラーログを載せておきますので、もしご対応頂ける案件でしたら、改善頂けると助かります。

      以下エラーログ
      AviSynth\LSMASHSource.dll – 正常に解凍できません。CRC が一致しないか、出力先ファイルが使用中です。
      AviSynth\x64\LSMASHSource.dll – 正常に解凍できません。CRC が一致しないか、出力先ファイルが使用中です。
      lwinput.aui – 正常に解凍できません。CRC が一致しないか、出力先ファイルが使用中です。
      lwmuxer.auf – 正常に解凍できません。CRC が一致しないか、出力先ファイルが使用中です。

      上記以外のファイルは正常に解凍できる状態です。
      VapourSynth\vslsmashsource.dll – 正常に解凍できません。CRC が一致しないか、出力先ファイルが使用中です。

      こまったさん

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    + 83 = 91

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください